最近の住宅はほとんどの方がフローリングの部屋にしていますよね。

フローリングは掃除等の手入れが楽ですし、お洒落に見えますから若い人には特に人気です。

また、万が一高齢になって車椅子生活になってもフローリングであればそれほど大掛かりのリフォームをしなくてすみますので

フローリングの生活は快適だと思います。

でも、冬場のフローリングはまるで氷を歩いているくらい冷たく、つま先で歩いてしまうという方もいるのではないでしょうか。

特に朝起きてからの冷たい床を歩くのはもう拷問に近いと思います。

スリッパを履けばよいのですが、うっかり忘れてしまったり、歩きづらかったりして結構邪魔だったりします。

靴下を履けばある程度の冷たさ解決しますけどそれでも冬場は辛いと感じてしまいます。

そんな辛い思いをしたくないのであれば床暖房がおすすめです。

床暖房とはその名の通り床の暖房ですので、足元からポカポカとしてきて、裸足でフローリングを歩いてもけして冷たくありません。

ですから、例え真冬でも裸足のままで過ごす事ができるのです。

裸足での生活は開放感がありますし、小さいお子さんの場合はスリッパを履くのが苦手ですし、

ご高齢の方はスリッパによって転んでしまうという危険性からも回避する事ができるのです。

我が家も床暖房にしてかれこれ10年経ちますが、真冬でも裸足で過ごしていますし、リビングにゴロゴロしたりして過ごしています。

あの日向ぼっこの気持ち良い感じの温かさですので、ソファで寝転ぶよりも床で寝転んだ方が気持ちいいと子供達は言います。

また、エアコンの場合は特に乾燥が気になりますが、床暖房の場合は比較的乾燥しにくいですのでお肌にもやさしい暖房なのです。

その他にも床の上に生乾きの洗濯物を置いとけば自然と乾いてしまいますし、

畳の上に布団を敷いて寝ればもう最高にポカポカでまるで電気毛布をしているかのような温かなのです。

こんな気持ちが良い状態を一度経験したらもう床暖房がない生活は考えられないですね。