足元がポカポカとして気持ちいい。空気が綺麗。乾燥が気にならない、安心で安全等床暖房には沢山のメリットがありますので、

使ってみようかと考えている方も多いと思います。

しかし、正直いったいどれくらいの費用がかかるのかというのも気になる所ですよね。

床暖房を6畳分設置した場合の材料費の目安はだいたい20万円程度となりますし、12畳分になりますと40万円程度となるようです。

使用するメーカーによっても変わってきますので、選択によってはもっと高くなる場合もあれば低くなる場合もあるようです。

ですから、床暖房にしたいと思った方はある程度どれくらいの費用がかかるのかを個人的に調べてみたり、

設置できるお店に問合せをしてみるというのがベストでしょう。

(注意:その他に工事費がかかります。また暖房用のお湯を作る熱源機を持ってない場合、熱源機が必要となります。

当社がおすすめする熱源機はハイブリッド給湯器です。工事費と熱源機代を入れると結構な値段になる場合があります。

だから正確な金額を知るには見積もりが必要です。)

また、月々の光熱費が幾らになるのかも気になる所ですよね。

床暖房の場合は電気にするかガスにするか灯油にするかでその費用は変わってきますので一概には言えませんが、

だいたい、6畳の広さであれば月に1万円程度になるようです。

よって、もっと部屋が広ければ1万円以上の負担になるという事も頭に入れとくと良いでしょう。

その他にも床暖房を設置するにはどのような施工をするのかも気になるところですよね。

私的には新築時に設置するのがおすすめですが、リフォームでも床暖房を設置する事ができるようです。

リフォームの場合には床を補強したり、フローリングを取り外したりなど大掛かりの工事が必要とされますのでどうしても日数がかかってしまうようです。

その為、冬に使いたい床暖房をリフォームする時にはなるべく夏頃から工事依頼を初めておいた方がよいでしょう。

我が家の場合は新築時に床暖房を設置したので毎年冬のシーズンは快適に過ごしています。

あまりにも快適すぎて、久しぶりに実家に帰ると実家は床暖房ではありませんので、フローリングの寒さがとても辛く感じてしまうほどです。

実家は我が家よりも新築ですし、気温も温かい地域にもかかわらず寒く感じてしまいますので、

一度床暖房の良さを知ってしまうと床暖房が無い生活にはもう戻れないと感じています。